小屋裏換気のすすめ~快適で省エネな住環境の創造

小屋裏ってどんなところ?

小屋裏とは、日本で最も一般的な木造住宅や鉄骨住宅の勾配のついた屋根と室内の天井との間の空間のことです。床下と同様に普段の生活では、滅多に入ることのない箇所でその中がどんな状態になっているかほとんどの人は知らないし、関心もないと思います。しかし、太陽の熱を直接受け、空気が通わない空間が、どんな状態になっていて生活にどんな影響をおよぼしているか一度よく考えてみる必要があります。

<1. 凄い熱気>
小屋裏の温度は季節によっては50℃を超え、その熱気は輻射熱として居室の温度を上げ冷房効果を低下させます。
<2. 結露と湿気>
小屋裏と室内には温度差が生じて結露が生じます。特に熱伝導率の高い軽量鉄骨造では危険です。発生した結露は、カビ・腐れの原因となり建物の強度が落ちたり、居住者への健康にも影響を及ぼします。
<3. シックハウス症候群>
VOC(揮発性有機化合物)規制以前の住宅では、屋根下地の合板等から、温度の上昇により急激にホルムアルデヒドなどのVOCが発生し、室内に流れ込む可能性があります。

小屋裏換気システムって何?

台所の換気扇と同様な大型シロッコファンを小屋裏内に取付けて強制的に排気をします。空気は外部との開口部(ガラリ・軒天換気孔)からと換気によって生じた小屋裏と居室の圧力差によって居室内から導入され排気の流れを作ります。この排気される空気の中には、熱気・湿気・VOC・居室内の汚染空気が含まれています。

セイホープロダクツ(株)

どんな効果が期待できるの?

<1. 小屋裏の温度低下>
室内の冷房効果の妨げになっていた小屋裏の熱気が抑えられて特に日没後の冷房効果がアップし、電気代と家族の健康にお役に立ちます。
<2. VOCの侵入阻止>
小屋裏換気により小屋裏が室内より負圧になり、天井裏で発生したVOCの室内侵入を防ぎます。
<3. 小屋裏、壁内結露の阻止>
換気システムによる空気の流れが、温度差の軽減、湿気(水蒸気)の排出を有効におこなって結露の原因を除き、建物の耐久性を保ちます。

どうやって取付けるの?

小屋裏の中に入ってブロアー型換気扇本体を取付け、フレキシブルアルミダクトを接続して外部に出します。さまざまな部材が用意されていますので切妻・寄棟など屋根の形状を問わず取付が可能です。温度センサー付タイマーにて自動運転をしますので普段の手間はかかりません。